資本金が0円の会社設立

資本金が0円の会社設立と銀行口座の問題

会社設立をするために必要な資金として資本金があります。

この資金がない場合には、0円で会社設立はできます。

しかし、銀行口座の問題があることは知っておくべきでしょう。会社設立ができたとしても、実際に経営を行うのが困難になることもありますから注意が必要です。

かつては株式会社と有限会社という二つの会社組織が主なものとして存在していて、それぞれ別の法律によって規定されて今した。

2005年に会社法が国会で成立し、2006年に施行されることになったのですが、この法律いよって会社組織を規定する法律は統一されました。

これによって資本金の規制が撤廃されたのです。かつての規制では、株式会社は最低1000万円、有限会社では最低300万円の資本金が必要だったのですが、この規制が撤廃されたために、資本金はいくらでもよいことになったのです。

そのため、やり方によっては資本金が0円の会社をつくることができます。

しかし、資本金は信用力に影響するということは知っておく必要があります。

資本金の金額が低ければ、信用力は低くなります。

その結果として取引先から信用されないということもあり得ることなのです。

資本金は会社の登記事項ですから誰でも見ることができます。

取引先の会社もそれを見ることはよくあることです。

銀行口座を開設するときには、たいていは登記簿謄本を提出しなければならないのですが、この時に資本金を参考にして審査を行います。

個人が口座開設をするときには審査といったものは行われず、たいていは身分証明ができれば解説できます。

たとえば、運転免許証と認め印を持っていけば、開設できないということはないでしょう。これは個人の場合ですから、法人の場合には当てはまりません。

会社設立をしたのちの銀行口座の場合には審査が行われ、そして審査に落ちることもあるのです。

資本金0円の会社なら信用力はないに等しいですから、審査に落ちることは多いと考えておきましょう。

ですから、法律上は可能であったとしても、現実的には資本金はいくらか用意しておかなければならないのです。

会社設立をする時の資本金の金額は、現実的に考えれば300万円くらいあるとよいと考えられます。

300万円というのはかつての有限会社法で定められていた最低資本金で、これだけあればひとまず大丈夫でしょう。

0円で会社設立ができるからといっても、実際にはその後にいろいろと苦労をすることもああります。”